2017年05月23日更新

おしゃれなカフェ風に?チョークボードに絵を描くコツ!

カフェなどにあるおしゃれなチョークボードの 看板。部屋に飾れたら素敵ですよね。でもセンスに自信がないから遠慮している人もいるのでは?実はちょっとしたコツを守れば誰でもおしゃれな黒板が書けるんです!

バンデラス
バンデラス
 

センスはルールでつくれる

黒板におしゃれなアートを描ける人はその人のセンスだけでやっている。そんな風に思いがちかもしれません。しかしそういう人もいくつかのルールや簡単なテクニックを使っているのです。それではそのルールをご紹介しましょう

 

マスキングテープで文字の位置取りをする

目印なしのフリーハンドで文字を書いていくと、どこかで曲がったりバランスを崩してしまいがち。文字を書くときはマスキングテープで位置取りをしてからにしましょう。

 

文字は太めに書く

ただ文字を書くだけでは学校の授業のようになってしまいますが、文字の線を太くするだけで少しアートっぽい雰囲気が出るようになります。

 

スペースが余ったら絵で埋める

文字を書いていると、この黒板の右側のように配分を間違えてスペースが余ることがあるかもしれません。

そんなときは絵を書いてスーペースを埋めるとむしろおしゃれ感がアップします。

 

絵に白のハイライトを入れるとアートっぽくなる

こちらはほぼ赤一色で描かれたリンゴです。このままでも絵としてはいい感じですが、もう一工夫加えます。

このように、白のハイライトを入れると、格段に絵のクオリティが上がったように見えますね。

 

困ったら左右対称にする

全体の構図に悩んだら、左右対称を意識してみてください。左右のバランスが取れているだけでぐっと雰囲気が良くなります。

 

簡単テクニックでチョークボードアート!

チョークボードを作ったらチョークボードアートをしたいのが人情!簡単テクニックを駆使して、カフェやギャラリーのような空間を演出してみてください。

購入はこちら
黒板塗料
黒板壁紙

関連リンク
塗料からシートまで!黒板をDIYする方法を徹底紹介
好きなところでチョークが使える!黒板塗料DIYの方法を紹介。

 

人気記事ランキング