2017年05月31日更新

可愛いのに本格的!スクエアスツールの作り方

玄関・キッチン・ベランダなどなど、ちょいかけスツールがあれば便利ですよね。あったらいいなと思ったら、すぐに作れるDIYレシピをご紹介します!ラワンの角材を使っておしゃれに、お好きなファブリックで座面も貼っちゃいましょう。

カローラ
カローラ

必要な道具と材料

  • さしがね
  • ノコギリ
  • ドリルドライバー
  • サンドペーパー(♯150程度)
  • ウレタン用ボンド
  • ビス:50mmスリムビス
  • 脚:30mmx30mm 長さはお好みで 4本
  • 貫:30mmx30mm 長さ160mm 8本
  • 座面:高弾性ウレタン:230mmx230mm 厚み15mm 1枚
  • 座面:チップウレタン:230mmx230mm 厚み30mm 1枚
  • 座面:ベニヤ板:220mmx220mm 厚み12mm 1枚
  • お好きな布:400mm×400mm

スツールの作り方

1脚の長さを決める

好みの高さに合うよう、脚の長さを決めます。座面に厚みがあるのでスツールの高さ=脚の長さ+座面の厚み(今回の材料だと57mmになります)と考えると良いですね。使う場面や自分の体とバランスをとって決めましょう。

スツール高さの参考値

  • リビングで使う場合 300mm程度
  • ダイニングテーブルで使う場合 450mm程度
  • キッチンカウンターで使う場合 600mm程度

2脚をカット&バリ取り

今回はローテーブルに合わせるため、スツールの高さは207mm・脚の長さは150mmで作っていきます。

脚や貫などの角材を切るときには、しっかりと固定して真っすぐに切りましょう。そうしないとガタガタのスツールになってしまいます。ソーガイドを使えば簡単に真っすぐ切ることができるのでオススメです!

関連リンク
意外と簡単!?丸のこを使わず2×4材をまっすぐカットする便利なアイテム

切り口はサンドペーパーでバリ(ささくれ)を取っておきます。広い面から狭い面へと、撫でるようにヤスリがけをするのがポイントです。後で組み立てる時に寸法を合わせにくくなってしまうので角が丸くなりすぎないぐらいが良いです。

3脚の組み立て

まずはこのように脚の右パーツと左パーツを作って組み合わせていきます。

ネジを締める位置を決めて、印を付けていきます。

一面につき2本のネジを締めると、組み立てた時に材がクルクル回るのを防ぐことができます。また斜めにすることで、木が割れるのを防ぎ、強度を上げることができます。

ドリルドライバーに下穴錐をセットして下穴を空けていきます。

ネジ締めの時は材が動いてズレやすいのでクランプで固定しましょう。端は真っすぐなものをガイドにして揃えると良いですね。クランプするときには同じ長さの貫を入れて、グラつかないようにすると留めやすいです。

このようなパーツができたら、2つを組み立てていきます。

このとき、ネジ同士が当たらないようにネジ締めは1か所にします。

組みあがりました!形になると、急に愛着が湧いてきますね。

4座面

次は座面を作っていきます。高弾性ウレタン、チップウレタン、ベニヤ板の順番にボンドで貼り付けていきます。

ボンドを外側1回りとズレ防止のために真ん中にもつけて接着するとしっかりします。

チップウレタンをベニヤ板より大きめにすることで布地の擦り切れを防いでくれます。

また、余分なウレタンで座面の外周を覆ったり、もっとウレタンを大きくして包み込むように接着すると、座った時ベニヤが体に触れなくなり座り心地がもっとフワフワになります。

スツールの座面になる布は「座面の広さ+座面の厚み+タッカーで留める余白分」をすべて覆うのに必要な大きさを用意しましょう。そして、裏返した布の真ん中にベニヤの面が上になるように置きます。

まずは布を折り返し、4辺とも真ん中1か所ずつタッカーで留めます。この時、布にヨレが出ないように少し引っ張りながら行うとキレイに留まります。

端の処理は丁寧に行いましょう。プレゼントを包装するように、布の端をウレタンの端と合わせて折り込んでいきます。折り返した布が外から見えないように内側に寄せてタッカーで留めます。重なって厚みが出すぎるようなら、ハサミで切り取りましょう。

それぞれのステープルの間を縫うようにタッカーを留めていきます。

表の柄が歪んでいないかチェックしながらしっかりと留めれば、フカフカ座面の出来上がり!

5座面と脚をくっつける

座面を裏返して置き、脚も天地を逆にして乗せてネジで固定します。今回は脚が短かったので、充分な作業スペースが取れなくなってしまいました! そんな時には長いビットを使うとうまくネジ締めすることができますよ。

L字の金具で留めるともっと強力に固定することができますね。

6ガタツキがないか確認・調整

ついに出来上がり!…かと思ったら、ガタつきが。最後に微調整をしていきます。

関連リンク
DIYしたテーブルや椅子のガタツキなおし方

完成!

ローテーブルに合う高さのかわいいスツールが完成しました。ソファに合わせてオットマンにも使えそう!お気に入りのファブリックで、何個か並べても可愛いですね。ぜひお家のインテリアに合わせて、自分だけのスツールを作ってみてください。

この記事を書いた人

カローラ

カローラ

元DIY FACTORY大阪店スタッフで1児の母、カローラです!娘と一緒にお揃いのツナギ着てDIYするのが夢。DIYアドバイザー・二級建築士

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap