2017年06月02日更新

椅子や小物入れに!木材DIYで表面をへこませる加工方法

椅子の座る面や木製のお皿などを作るとき、木材にくぼみをつける必要がありますよね。でも平面をくぼませるのは中々難しいのでは?そこで今回は木材にへこみをつける方法を一挙に紹介します!

バンデラス
バンデラス

 

木材にくぼみをつける方法とは?

それでは木材をけずってお皿のようにへこみをつける方法を紹介していきましょう。

彫刻刀で削る

まずは最もオーソドックスな方法です。彫刻刀を使って木を削り、くぼみを作り出しましょう。小さな面積ならすぐにできます。しかし実際やってみましたが、この方法は割と大変です。写真はSPF材を削ったものですが、この大きさで10分弱かかりました。椅子の座面など大きなものにはおすすめできません。

購入はこちら
本喜秀 彫刻刀 鋼付 桐箱

 

グラインダーで削る

ディスクグラインダーに木材用の研磨ディスクを取り付ける方法です。広い範囲を効率的に削ることができました。しかし抵抗が大きく扱いが難しいので、繊細な作業には向いていません。大きなものを削るならこちらのほうがいいでしょう。

購入はこちら
ボッシュ ディスクグラインダー

 

かんなで削る

かんなには曲面を削り出すことができる種類のものがあります。これを使えば凹みを削り出すことができますが、難易度はやや高めなので初心者の方にはあまりおすすめしません。

関連リンク
大工直伝! かんなの使い方と知っておきたいメンテナンスの方法

購入はこちら
大五郎 まめ鉋 極反り 内丸 (内丸反鉋) 15mm

 

おすすめのへこみをつける方法

ここからは実際に試してやりやすかったおすすめの方法をご紹介します。

埋め木錐+彫刻刀+ドリルサンダー

埋め木錐という木ダボを削り出すためのドリルビットと、彫刻刀を合わせて使う方法です。まず凹みの大きさ、深さを想定し、跡が残らない範囲で穴をあけます。

 

埋め木錐は使うとこんな風に中の木が残るので、棒状のものでポキポキしましょう。

 

そしたらこういう感じで穴が残ります。

 

あとは穴に向かって彫刻刀で削るだけ。これだけでだいぶ彫るのが楽になります。

 

そしてある程度削れたら、ドリルドライバーにサンダーのビットを取り付けてくぼみを整えましょう。グラインダーほどハイパワーではないので失敗も少ないはずです。

購入はこちら
イチグチ 六角軸フラップホイル

 

こちらが実際に掘ったくぼみです。15分ほどの工程で完成することができました。

 

木材はへこんでも気分はへこまない!

木材にくぼみをつけることができたら、お皿やボウルなどDIYの幅も広がります。ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap