2017年06月07日更新

木工ボンドの強度は付け方で変わる!DIYで覚えるべき木材接着方法

木工用ボンドは身近な接着材ですが、正しいつけ方をするだけで強度が格段に上がるんです。今回は意外と知らない人が多いボンドの接着方法、さらに応用編もご紹介しましょう。

バンデラス
バンデラス

 

ボンドの基本的なつけ方

それでは最も基本的なボンドのつけ方を解説していきます。

 

1濡れ布巾などで木材の汚れを落とす

ゴミや汚れが付いていると接着力が弱まります。濡れ布巾などで接着する面を拭いておきましょう。

 

2接着する片面にボンドをつける

接着する部分にボンドを出しましょう。この段階ではきっちり塗らなくてもOKです。

 

3ピタッとしてグッとしてニュルッとしたのをシュッとする

接着面に木材をピタッと押し当て、ググッと力を加えてボンドをニュルッと押し出します。あふれたボンドは布やティッシュでシュッと拭きとりましょう。

 

4クランプで圧力をかけつつ固定する。

クランプを使ってある程度の圧力をかけた状態で固定し、乾燥させます。完全に乾燥したら終了です。

 

接着方法の応用編

ここからはちょっと工夫をした応用編の接着方法をご紹介します。

 

1相欠きっぽい加工をする。

基本的にボンドは接着面が増えるほど強力な接着力を発揮します。なのでまず写真のように板材を加工しましょう。

 

そしてこんな風にして

 

こんな感じで圧着します。普通にやるよりかなり強く接着できるはずです。

 

2ダボを使う

2つ目はダボ材を使って接着する方法です。

 

まずくっつける面にこのような穴を開けます

 

穴はダボ材がちょうど入る大きさにしてください。穴にボンドを入れてダボを差し込みます。

 

板の方にも、同じ大きさの穴を同じ場所にあけます。

 

あとは板材の穴と接着面にボンドをつけて

 

グッとしてニュルッとしたのをシュッとして、クランプで圧着して終わりです。ダボ材の補強も加わり、とても強力に接着できます。

 

正しいつけ方と間違ったつけ方の強度対決

ここでひとつ、ボンドの正しいつけ方でどれだけ強度が変わるのか比べてみましょう。左がボンドをつけて軽く押してほっといた木材、右が先ほど紹介した方法で接着した木材です。接着してから2時間程度なので完全乾燥ではないですが、はたして?

 

まず左からペンチで力を加えると

 

なんと!あっけなく接着部分が折れてしまいました。僕の体感ではポッキー12本分を折る時くらいの力しか加えていません。

 

では次に右に行きましょう。正しい接着は意味があるのか?

 

はあ!と力を加えるとどうにか折れました。折れた瞬間の衝撃も大きかったです。体感としてはトッポ40本を一気に折ったくらい。

 

接着面を見ると違いがわかります。左は渇いたボンドしか付いていないのに比べ、右はくっついていた木材を引き剥がしています。2時間でこれなら完全乾燥すれば接着力の差はもっと大きなものになるでしょう。

 

木工用ボンドは木工の味方!

木工用ボンドは正しく使えば強力な接着力を発揮する便利な接着材です。しっかり使って本来の力を引き出しましょう。

購入はこちら
木工用ボンド

関連リンク
強力な初期接着とスピーディに硬化するタイトボンド3選

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap