2018年02月10日更新

物干しロープで毎日が変わる!ストックランドリーでシンプルすっきり室内干し。

室内干しするときって、光が差し込みやすいカーテンレールに引っかけることが多いですよね。でもレールが傷んでしまうし、もっと広いところに干したい!ということで、シンプルで部屋になじむ物干しロープのご紹介です。

ズッキー
ズッキー
 

空間を有効活用!
物干しロープ「ストックランドリー」

ストックランドリーは取り外しできる物干しロープ。好きな場所にレールを付けれるからデッドスペースも有効活用できるんです!便利な使い心地ポイントは4つ。

1取り外し可能だから
使いたいときだけ使える!

使いたい時だけ壁のレールにロープを取り付けて干せるから、光が入る窓付近にも広々干せるんです。

2デッドスペースも有効活用

部屋の角にななめに設置できるから、洗濯機の上などデッドスペースも有効活用できるんです!

3ハンガーがすべらず
安定して干せるロープ

ハンガーを引っかけてもすべらないようになっているので、風で洗濯物同士の距離が近くなって乾きにくくなっていた!なんてことはありません。

4いろいろ使える
シンプルな壁付けレール

壁に付けるレールはシンプルな形。なので、物干しとして使用しない時はドライフラワーをかけたりコートやそうじ用具を引っかけたりもできます。物干し以外にも使えるのは嬉しいですね!

 

誰でもできる!
ストックランドリーの取り付け方

まずは壁の構造を理解!

お家の壁の裏側って、図で見るとこんな風になってるんです。「間柱」という柱に、燃えにくい「石こうボード」を打ち付けていて、その表面に壁紙が貼られていることがほとんど。

実際に裏から見るとこんな感じ。石こうボードは少しもろく、レールを取り付けると崩れてしまう可能性があるので、間柱を下地にしてレールを取り付ける必要があります。

なので、壁の表面からネジを打つ「下地(間柱)」を探します!

※どうしても下地がない場所に取り付けたい場合は後述。

関連リンク
壁の構造の詳細はこちら!

1下地をさがす

壁をたたいておおよその位置を確認し、マスキングテープを貼ります。

下地センサーで位置をはっきりと確認したらマスキングテープに印をつけます。

2レールを取り付ける

下地がある場所にネジで金具を取り付け、レールをかぶせます。

3ロープ部分をはめて引っ張れば完成!

レールに本体をはめて、スイッチを押しながら引っ張ればロープが伸びてくれます。

もう一方にも同様に取り付けたレールに引っかければ物干しロープ完成です。

レールをいくつか設置すれば、こんな風にロープを取り付ける場所も長さも変えられて便利です。

 

使用上の注意

1賃貸は使用不可

壁に穴をあけることになるので、残念ながら賃貸ではご利用いただけません。

2取り付け位置は高めに

部屋を歩いていて万が一首に引っ掛けたら大変です。取り付け位置は170cm以上の高さがおすすめです。

3耐荷重に気を付ける

ロープが支えられる重量は5kgが目安です。それ以上の重さはかけないようにしましょう。

4取り付けは下地がおすすめ

基本的には前述した通り、下地に直接レールを取り付けることをおすすめします。その方が柱がしっかりと支えてくれるので耐荷重的にも安心!

でも、どうしても下地がない場所に取り付けたい…。ということもありますよね。そんな時はこんな方法もあります!※以下メーカー保証外のため耐荷重は5kg未満の可能性があります。

電動ドライバーとハンマー、穴あけビット、石こうボード用アンカー(★トグラーアンカー推奨)を用意。ドライバーで石こうボードに穴をあけます。

アースカラーが可愛い!
お手頃価格の電動ドライバーの購入はこちら
Kumimoku ACドリルドライバー

なぜトグラーアンカーがいいかと言うと、このように壁の裏側でしっかり押し広がり抜けにくくなるからです。ハンマーで軽くたたけば入っていくので最後に付属の赤いピンを刺せばアンカーが開いて固定されます。

※アンカーは大きいホームセンターだと1個数十円単位で売られていることもあります。店舗によるので事前にお問い合わせください。

アンカーが固定されればネジが締まるので、そのままレールを固定すればOKです!※ただし、メーカー保証外のため耐荷重にはご注意ください。

トグラーアンカーの詳細はこちら
壁に棚を取り付けよう!壁の構造と便利アイテム5つの紹介。

石膏ボードの厚みがわからない方はこちら
若井産業のらくらくボードアンカー

小さな工夫が暮らしを変える

ちょっとした工夫やアイテムで、暮らしやすさが変わったりしますよね。ストックランドリーもそんな風に毎日を変えるものかもしれません。お部屋で洗濯物を干す場所に困っている人はぜひ使ってみてください。

b02-3905_001

STOK laundry

4,714(税込)

この記事を書いた人

ズッキー

ズッキー

DIY FACTORY COLUMN編集長&DIYアドバイザーのズッキーです。ちょっと不器用なところもあまりますが「DIYは誰でも楽しめる!」ということを伝えていきたいです。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

La La LaifはDIYとGREENで暮らしを豊かにしたい人の情報誌。
植物好きが集まるアプリ GreenSnap