blank


2020年06月22日更新

DIYおすすめ商品|プライマーの特徴をご紹介

プライマーとは、建築や家具のリメイク、DIYなどで使用される下塗り用の塗料剤です。塗料のノリの向上や金属素材の錆止め、極小の穴の多い素材に吸い込ませ、塗りを良くするために使われています。そのままでは塗装できないものに使うことで、塗料で塗ることもできます。塗りずらい素材やそもそも塗れない素材に対して活用することで、DIYの範囲が広がり、塗料がもっと好きになることでしょう。 今回はプライマーについての説明と、Amazonや楽天で購入出来るプライマーをご紹介します。

blank
ウォーリー

プライマーとは?どんな時に使うの?

blank プライマーとは、塗料を塗る作業に欠かせない下地剤です。素材の塗料のノリを良くしたり、錆を防止したり、強度を保つなどの重要な役割があります。ペイントの仕上がりを美しく仕上げるには、下塗り、中塗り、上塗りと3つの工程を丁寧に仕上げることが大事です。この最初のステップ、下塗りにおいてプライマーは活躍するアイテムです。プライマーなしに塗りは語れません。

プライマーの役割は?

blank 基本的な役割は、接着です。上塗りする材料と下地を接着するために使います。 そのほかの役割としては、凹みをなくす、小さな穴を埋める、錆を防ぐ、絶縁する、静電気を防ぐ、などの役割があります。

プライマーの種類は?

プライマーには油性タイプと水性タイプがあります。素材や上塗りする塗料の種類によって、種類が異なります。また、業務用の大容量缶から、スプレータイプなど容量もさまざまあります。ここではプライマーの代表的な種類をご紹介します。

厚塗りタイプ

素材を強化、保護したいときはこのタイプを選びます。屋外で使われるものに適しています。

薄塗りタイプ

さらっとした質感で仕上げたいときは、このタイプを選びます。質感を維持したい場合にもこのタイプを使います。

ネットで人気のプライマーを5つご紹介

スプレータイプで、扱いやすいです。作業効率が良いです。 大容量のタイプです。密着性の高い下塗りに定評があります。 劣化してもろくなったコンクリートやセメントにも活躍します。 迷ったらコレ。金属から樹脂まで幅広い素材に利用す津ことができます。

肉厚感や高級感を出せるプライマーです。木材に高級感を与えます。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント