blank


2021年09月03日更新

色のクオリティが高すぎる!インダストリアル感が漂うメタリックシルバー塗装してみました!

メタリック塗装でもカラーが豊富にありますが、よりインダストリアル感漂う鉛のように仕上げたい方必見! 今回はタカラ塗料の塗るだけで鉛を再現できる水性塗料「PB Silver/PBシルバー」を使って「取っ手」を塗装してみました。 木や鉄以外に塗装する場合に必要な専用下地や、エイジングを施すことで、さまざまな素材にバライティあふれる塗装ができましたので塗り方も合わせて紹介します!

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

メタリック塗装で使った塗料「PB Silver/PBシルバー」

タカラ塗料がオリジナルで調色したアイアン色塗料「PB」は木工作品の仕上げ、屋内外のサイン、サッシ、建具などに塗装ができる水性アクリル塗料です。ニオイがほとんどないので室内でも気にせず塗装できます。

blank

特徴

・内外装建築用として使える。
・水で薄めて使える。
・乾燥後は水にも強く、溶けない。
・退色しにくいパールがふんだんに入った、高級感のある仕上がり。

用途

木工作品の仕上げ、屋内外のサイン、サッシ、建具など

水での薄め率

・刷毛・ローラー塗りの場合:0~5%
・エアスプレーの場合:10~15%

乾燥時間

・指触乾燥時間(触って指につかなくなるまでの時間):30分
・硬化時間:2時間

塗装上の注意

・気温5℃以下での使用は避けてください。
・塗装用具は使用後直ちに水で洗って下さい。一旦乾くと、再び水に溶けません。

blank
タカラ塗料 PBSilver/PBシルバー
TAKARATORYO

メタリックシルバー塗装する前に使った下塗り塗料「非鉄バインダーα」

基本的に木と鉄以外の素材は塗料がひっつきにくく塗膜が簡単に剥がれてしまうので、塗料が良くひっつき剥がれにくくなる下地剤を必ず塗装します。今回は木と鉄以外の素材もあるので非鉄バインダーαを使いました。非鉄バインダーαは半透明のグリーンカラーで、塗ると色がつき、塗りムラや、塗り残しを防ぐことができるのでおすすめです。

blank

非鉄バインダーαが必要な素材

・アルミニウム
・アルマイト
・トタン
・PP(一部引っ付かないものもあります)
・クロームメッキ
・真鍮
・アクリル
・亜鉛メッキ
・焼き付け塗装
・ABS

非鉄バインダーαが必要な場所

・アルミサッシ
・プラスチック家電(一部くっつかないものもあります)
・自転車
・カラーボックス
・缶詰の缶、アルミ缶
・ドアノブ

乾燥時間

上塗りできるまで2時間以上

薄めるシンナー

ラッカーシンナー

必要量

6~10㎡/L
1㎡あたり1ml~160ml

使用上の注意

・塗る前は缶を良く振って中身をかき混ぜてからお使いください。
・油性です。ご使用の際はよく換気をしてください。
・蓋を開けてそのまま塗れます。伸びが悪い場合はラッカーシンナーで薄めてください。
・油性なので専用の刷毛を用意し、刷毛は使い捨てにするかラッカーシンナーで洗浄してください。
・非鉄バインダーαの中に刷毛を浸けておくと、乾燥せず時間を置いても使用できます。
・使用後は缶の蓋をしっかり閉めて保管してください。
・開封したあとは1年以内に使い切ってください。保管する場合は直射日光が当たらない場所で保管してください。

鉛のようなメタリックシルバー塗装の塗り方

(準備物)

・塗装するもの(今回は木、金属の取っ手)
・PB Silver/PBシルバー
・非鉄バインダーα
・刷毛
・サンドペーパー(#320)
・スポンジ

blank  

1)下準備として、塗装するものをサンドペーパーで磨きます。
(しっかりと磨くことで素材に凹凸ができ、塗料が定着しやすくなります。ちょっと面倒くさいのですが、ここにこだわると塗装の持ちが良くなるのでがんばりましょう。)

blank  

2)金属の素材に非鉄バインダーを塗ります。
(油性の素材なので、必ず換気をしてください。ちなみに私は自宅のベランダを養生して実施しました。容器の蓋が刷毛になっているので便利です。上塗りできるまでは2時間かかります。うっかり触らないように注意してくださいね)

blank blank  

3) PB Silver/PBシルバーをよく混ぜて別の容器に取り、塗ります。2度塗りするとより美しく仕上がります。
(細かい粒子が沢山入っています。しっかり混ぜるとムラなく塗りやすいです。乾燥時間は2時間かかります。)

blank blank

★ポイント:持つ場所や乾燥に困ったことはありませんか?

特に全面を塗装する場合、持つ場所に困ったり、設置面の塗装剥げてしまった経験はありませんか?
裏面から塗り始めて、ある程度乾燥してから表面を塗ると、持ち手に困らず塗りやすいです。今回の対象物「取手」の場合は、取り付け部分が固定後には見えないので、塗装は控えめにすることで、スムーズ乾燥ができました。

blank blank

インダストリアル感ある、メタリックシルバーの取っ手が完成!

色んな素材に塗装しましたが、含有されるパールが光を反射すると鈍い光沢感があり、下地の素材感もしっかり消えてどれも重厚感あるシルバーに仕上がっています。

(Befor)

blank

(After)

blank

使い古した感を出すための錆加工

錆エイジングセット組み合わせることで、より表現の幅が広がります!

誰でも簡単に錆風ペイントを楽しめる「錆エイジング塗料セット」

装でいうエイジングとは、新しいものをわざと古ぼけたように塗装する技術のことです。 そのエイジングの一番難しいのはそれっぽく見せる色合わせ技術なのですが、その難しいところがすでに調合されている、嬉しい塗料です!色の中に金属っぽさを感じさせるメタリックを配合し、より本物に近い錆に見せることが出来ます。 焦げ茶色のブラウンラストと、黄色っぽい茶色のイエローラストの2色のセットになります。

blank

用途

エイジング塗装(新しいものをわざと古ぼけたように塗装すること)

塗装できる素材

・金属(鉄、スチール、ステンレス、アルミ、亜鉛メッキなど)
・木部
・コンクリート
・モルタル
・プラスチック

blank
タカラ塗料 錆エイジングペイント 50g×2色セット
TAKARATORYO
 

錆エイジングセットを1種類ずつ別の容器に取り、水で薄めながらスポンジに少量を含ませて優しく叩くように塗ります。
(塗装前は必ず瓶を振って中の塗料をしっかり撹拌してくださいね)

blank blank  

乾いた布で抑えて馴染ませます。2色を交互に重ねることで奥行きを出すことが出来ます。

blank

アンティークな取っ手が完成です!

blank

錆エイジング加工関連記事

「錆びを簡単に表現できる塗装方法|専用塗料で本物のようなサビ加工」はこちら

blank  

簡単にできる錆エイジング塗装で普通のライトをヴィンテージ風にしませんか?

blank  

※この記事は株式会社タカラ塗料との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント