blank


2021年10月29日更新

簡単な作業で20年間汚れをブロック!クリーナーで掃除した玄関の床に塗るだけの汚れ防止コーティングする方法

毎日たくさん出入りする玄関は砂埃などの汚れが付着しやすく、雨の日などは水分が含んだ汚れが染み込み黒んずんでいきます。その度にしっかりと玄関の床掃除を定期的に行うのは思っている以上に大変ですが、汚れることを防ぐコーティングをしておけば大変な掃除から解放されます!今回は20年間汚れをブロックする効果を持続する海外で人気の簡単シリコンコーティングとコーティング前にしっかり汚れを落とすことができるクリーナーも併せて紹介します。

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

目次

玄関の床掃除におすすめ「ミラクルシーラントブランド」

ミラクルシーラントは、アメリカ市場において、タイル・目地・石材・レンガの「汚れを落とす」「汚れをブロックする」「キズ・トラブルをなおす」それぞれのカテゴリーで大手ホームセンターの主力製品として展開されています。「Amazon U.S.A. 」など大手ショッピングサイトでの多くのユーザーからの高い評価があるブランドです。

blank

玄関床の掃除後に使った「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」

今回使用したのは「MS511 タイル・ストーン・目地コーティング」は浸透性シリコンコーティング(汚れをブロックする)シリーズの主力製品です。

blank

浸透性シリコンコーティングの特長

約20年間防汚機能を持続

天然石材、目地剤、タイル、コンクリート、れんがなど玄関まわりに使用される素材表面の汚れを防止するだけでなく、水、アルカリ、ステイン、塩害、凍結からも守ります。また酸性雨や紫外線による黄変もしません。 blank

コーティング塗布後は汚れをしっかりと弾いていますが、塗布前は汚れが染みこんでいきます。
MS浸透性シリコンコーティングは、タイル・目地・大理石の内部に浸透した上で汚れを防止しますので、約20年間汚れ防止効果が持続します。

見た目も質感もそのままで耐久性と防汚効果

艶がでて見た目や質感が変わってしまう表面に塗膜を形成する表面コーティングとは違い、素材に浸透するタイプなので塗布しても見た目や質感が変わりません!素材の外観を変化させることなく、コーティング効果と素材表面の防滑性能も発揮する優れものです。

blank

簡単にコーティング作業ができる

簡単な作業でタイル・石材・目地に浸透し、目に見えない保護膜を形成し、頑固な汚れをしっかりと防ぎます。

浸透性シリコンコーティングが使用できる素材

・タイル各種(セラミックタイル、陶器タイル、クォーリータイル、施釉タイル) ・大理石
・花崗岩/御影石
・トラバーチン
・スレート(粘板岩)
・セメント目地材
・クォーツ(石英)
・レンガ
・人工大理石
・コンクリート/コンクリートタイル
・漆喰

浸透性シリコンコーティングの使用推奨の場所

・屋外、屋内全般 ・カウンタートップ
・玄関アプローチ
・キッチン
・バルコニー、ポーチ
・バスルーム、バスタブ
・プールデッキ
・店舗、レストラン
・床全般
・ホテル、工場
・デパート
・スタジアム、公共施設

「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」の詳細

塗布可能面積

473ml:10㎡~45㎡
946ml:20㎡~90㎡
※塗布対象素材の液体浸透度合いによる

乾燥時間と硬化時間

乾燥時間:1~3時間(気温・室温が21℃/湿度50%の条件下)で軽い歩行可能です。
硬化時間:4~72時間後に本来の防汚コーティング機能を発揮します。(乾燥状態が継続している前提)

主成分

ミネラルスピリット(石油系抽出物)、アルコキシシラン 弱溶剤
1液 シリコン樹脂
原液のまま使用

保存方法

25℃の冷暗所にオリジナル容器保管で36か月保存可能です。

注意点

酸による被害は防止する事はできませんので、コーティング後も酸性のクリーナーは絶対に使用しないでください。

玄関床コーティング前の掃除に使った「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」

今回、コーティング前の掃除に使用したのはMSタイル・ストーンクリーナー(汚れを落とす)シリーズの主力製品です。頑固な汚れにも効果を発揮しながらも、環境にも素材にも優しいクリーナーですので、日常のクリーニングにも安心して使用できます。

blank

MSタイル・ストーンクリーナーの特長

中性洗剤のためどのような素材にも使用可能

タイル、石材、目地剤、タイル、コンクリート、れんがなど玄関まわりに使われているほとんどの素材に使用できます。また、大理石や天然石材など酸性クリーナーやアルカリ性クリーナーに侵されやすい素材にも安心して使用でき、素材の艶を変化させることもありません。
(念のため目立たない箇所で問題がないかテストしてから作業してくださいね)

洗浄効果と安全性が高い

アメリカ市場では、プロのハウスクリーニング業者にも使用されている程に汚れ落とし効果が高く、且つ安全性も高いため一般家庭のDIYユーザーにも使われています。

blank

MSタイル・ストーンクリーナーが使用できる素材

・タイル各種(セラミックタイル、陶器タイル、クォーリータイル、施釉タイル)
・大理石
・花崗岩/御影石
・トラバーチン
・スレート(粘板岩)
・セメント目地材
・クォーツ(石英)
・レンガ 、人工大理石
・コンクリート、コンクリートタイル
・漆喰

MSタイル・ストーンクリーナーの使用推奨の場所

・カウンタートップ
・玄関アプローチ
・バルコニー、ポーチ
・バスルーム
・床全般
・屋内外全般

「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」の詳細

塗布可能面積

濃縮タイプ946ml: 水で希釈(3~50倍)15㎡~250㎡(素材の種類、希釈率により変動)

※希釈せずそのまま使えるボトルタイプ(946ml)と、スプレータイプ(946ml)もあります。

「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」の主成分

界面活性剤(プロピレングリコールモノブチルエーテル)
水性1液

玄関の床掃除とコーティング方法

今回は玄関(室内側)の掃除とコーティングをします。まずはクリーナーで玄関をきれいにします。

blank

「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」で床掃除

必要な道具

・「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」
・希釈用の容器
・デッキブラシ
・モップやスクレイジー
・メラミンスポンジ

blank

ほこりやゴミをとります。

ほうきで小さい石ころやほこりを取り除きます。

blank

クリーナー(濃縮タイプ)を温水で希釈

クリーナー(濃縮タイプ)1:温水3で希釈します。冷たい水で希釈するとクリーニング効果は減少するため40℃具ぐらいの温水で希釈してくださいね。
日常のクリーニング作業は、クリーナー(濃縮タイプ)1:温水50の希釈でOKです。

blank

クリーナー塗布後10分ほど放置

希釈したクリーナーをモップなどで全体に広げ、汚れを浮きだたせるため10分程度放置します。

blank  

デッキブラシなどを使用して、汚れを取り除いていきます。

blank  

ポイント
メラミンスポンジを使用する事で効率的に汚れを掻き出すことができます!

blank

温水で水洗い

床用スクイージーなどで表面に残った汚水を完全に取り除きます。

blank blank  

1回目のクリーニング作業で取り除くことができない場合は、上記の作業を繰り返します。
2回目の作業でも汚れが取り除くことができない場合は、「特に頑固な汚れ用」を原液で使用する事を推奨します。

乾燥させたらクリーニング作業は終了

作業した季節は秋でしたので念のため1日乾燥させました。クリーナーのおかげで本来のきれいな赤みがかった石の色に戻りました。1日程、洗剤の香りが微かに残り、掃除した達成感があって気持ちよかったです。

blank

「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」で床コーティング

シリコンコーティングする前に以下の確認をしてくださいね。

 

・塗布表面は乾燥していて、汚れや不純物(他シーラー製品、水道水・硬水、エフロ(セメントなどの石灰分が溶け出したもの)、サビなど)が付着していない状態である事。
・作業は気温は0℃~49℃の範囲内で直射日光が当たらないように。
・屋外で作業や塗布する場合は24時間以内に雨が降らない状況の確認。

必要な道具

・「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」
・塗布用の容器
・コテバケ
・リントフリークロス

リントフリークロスを使用する理由
普通の布雑巾などを使用した場合は、拭き取り時に毛羽や繊維が取れてしまい表面に付着してしまう可能性があり、黒いタイルや大理石などだと見栄えが悪くなる可能性があるため、毛羽や繊維が取れる心配のないリントフリークロスをおすすめします。
今回は毛羽や繊維があっても目立たないタイプの石材デザインだったため雑巾を使いました。

blank

使用分を容器にいれる

希釈せず原液のまま使用します。

blank

コテバケで塗布

表面が濡れたようになるまで十分に塗布します。その後3~5分放置し、素材内部まで浸透させます。

blank blank

余分な液体を拭き取る

きれいなリントフリークロスで余分な液体をしっかり拭き取ります。この工程は、どのような素材に塗布する場合においてもとても重要です!

blank  

(浸透中)

blank  

(拭き取り後)

blank

乾燥させて完了

1~3時間(気温・室温が21℃/湿度50%の条件下)乾燥させ軽い歩行可能、4~72時間後に硬化し始めて本来の防汚コーティング機能を発揮します。(乾燥状態が継続している前提)

使用した道具について

シリコンコーティングは油性なので使用後すぐに石鹸や洗剤で洗えば次も問題なく使用できます。水だけで洗った場合は、完全に取り除くことができませんが、次回お同じシリコンコーティング使用する場合は問題ありません。もし、違う商品を使用する場合は避けた方が良いです。

クリーナーとシリコンコーティングした玄関床のビフォーアフター

(Befor)
黒ずんでいた部分があったり砂埃が付着していて石材の色がくすんでいました。

blank  

(After)
くすみがなくなり本来の色の石材になり、コーティングによって潤いがある見た目にになりました!

blank

実際に玄関床の掃除とコーティングした感想

10年目の家の玄関で掃き掃除と水洗いしかしていませんでしたが、今回クリーナーとメラミンスポンジ洗浄した事で今までの汚れが浮き出てきてビックリしました。こんなに玄関の石材がきれいな色だったのかと感動です。洗浄掃除だとまた汚れてくるので、きれいな色の石材を維持するならシリコンコーティングは絶対おすすめです。雨の日の水汚れなども気にせず過ごせます。また、玄関以外の石やタイルにもクリーナ&コーティングをしたいと思いました。

浸透コーティング「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」の動画

浸透コーティング「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」の詳しい説明

【玄関掃除を大幅に時短】
20年間汚れを防ぐ効果が持続「MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用」
blank
MS511浸透性シリコンコーティング タイル・目地・石材用

汚れを落とす「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」の動画

汚れを落とす「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」の詳しい説明

【玄関掃除を大幅に時短】
濃縮タイプで経済的 ラストオリウム社「MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ」
blank
MSタイル・目地・石材クリーナー 濃縮タイプ
 

※この記事は株式会社ホームボディとの共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント