blank


2022年01月26日更新

40分でできる!塗装済みカラー丸棒で簡単ハンガーラックDIY

カーディガンやシャツなど羽織ものはソファや椅子の背もたれに置いてしまってませんか?しわになったりするので部屋の片隅にちょっとしたハンガーラックが欲しい方に簡単につくれる丸棒のハンガーラックを紹介します。すでに塗装されているカラー丸棒を使うので塗装の手間もなし、希望サイズでカットして配送してくれるので材料があればすぐにつくれます!

この記事の監修者

監修者 : 株式会社大都(DIY FACTORY)  makit(メキット)編集部

makit(メキット)編集部はDIYを通して暮らしやインテリアに特化したコンテンツをお届けします。道具の使い方のコツや、素敵なDIYのレシピ、上手な塗装のテクニックなど自分好みの暮らしを愉しむためのノウハウをお届けします。あなただけの雰囲気のある、世界にたった一つの住まいを一緒に作り上げていきましょう。

ハンガー ラックDIYに使用したカラー塗装丸棒

塗装されている丸棒

今回使用した丸棒はすでにステイン塗装されているため塗装の手間がありません。

blank

塗装丸棒のカラーは5色

・ブラック
・ウォルナット
・マホガニ
・ブラウン
・チェスナット

blank

カラー塗装丸棒の塗料について

・水性ステイン塗料は食品衛生法に適合、安全性も高くにおいの少ない塗料を使用しています。
・改正建築基準法適合塗料(F☆☆☆☆)
・学校環境衛生の基準に適合。トルエン、キシレン等の有害物質を含みません。
・室内環境濃度基準に適合
・低VOCの水性塗料を使用

豊富なサイズと希望サイズへのカットもできる

丸棒のサイズは12パイから50パイまであり、長さも910mmと1820mmとサイズが豊富です。また、カットサービスもあるので届いたらすぐに作業でき、のこぎりカットの必要がありません。

blank

ハンガー ラックDIYの手順

(材料) ・18mmのカラー塗装丸棒(カラーはブラック)
①1300mm(柱)×4本
②550mm(補強用)×2本
③700mm(ハンガー掛け)×1本
・蝶ボルト(M8)40mm×2つ
・ナット(M8)×2つ
・スリムビス(35mm)×4本
・ヒートン×4つ
・チェーン等×2つ

 

(道具)
・電動ドリルドライバー
・木工ドリルビット(8mm)※貫通穴用
・下穴錐or皿取錐(8mm)
・さしがねや定規

blank

貫通穴をあける

丸棒を重ねて固定するために丸棒①1300mm(柱)の端から100mmの箇所に、木工ドリルビット(8mm)を使って貫通穴をあけます。4本全部にあけます。

blank

下穴をあける

先ほど貫通穴をあけた丸棒①1300mm(柱)の反対側の端から100mmの箇所に、下穴錐or皿取錐(8mm)を使って下穴をあけます。穴の向きは貫通穴を同じです。

blank  

ポイントは貫通穴をまっすぐあけることです。
穴をまっすぐあけることが可能な道具もあります。

金具で固定

①1300mm(柱)を2本合わせて、貫通穴に蝶ボルトをいれてナットで固定します。最後に強く締めるので丸棒が動く程度ぐらいで締めてください。

blank

補強丸棒を固定する

下穴をあけた箇所に②550mm(補強用)を入れてビスで固定します。

blank

金具を取り付ける

丸棒にヒートンをねじ込んでチェーンを引っ掛けます。

blank blank

丸棒を乗せる

丸棒③700mm(ハンガー掛け)を上に乗せて完成です!

blank blank blank  

今回はブラックのカラー塗装丸棒を使いましたが、ハンガー部分だけ丸棒のカラーを変えてもおしゃれです!

ウォルナット

blank

マホガニ

blank

ブラウン

blank

チェスナット

blank

シンプルなハンガーラックでスマートな収納

blank  

※この記事は織田商事株式会社との共同PR企画です。

フラッグ

人気記事ランキング

記事カテゴリ

SNSアカウント