2015年12月04日更新

電動工具の充電式・コード式のメリットデメリット。作業場によって使い分けよう

電動工具には充電式とコード式があり、どちらを選ぶかによって機能や値段が変わってくる。長く愛用する電動工具だからこそメリット・デメリットをしっかり知って、値段以上の満足感が得られるものを選びたいもの。作業風景を想像しながら、自分に合うのは充電式とコード式のどちらであるのか考えてみよう。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

“充電式”電動ドライバー

取り外せるバッテリー(充電池)が電動ドライバーに搭載されていて、充電がなくなれば充電器で補充する。

20151202-3jyuuden

  • メリット
  • コンセントがない場所や屋外のどこでも作業が可能。バッテリーに互換性があるため、同メーカーの同電圧であれば丸ノコなどにバッテリーの使い回しができる。コードを誤って切断してしまう心配がない。

    20151202-3okugai

  • デメリット
  • 作業前には充電しておく時間が必要であったり、バッテリ容量を気にしながらの作業となる。充電がなくなれば作業を中断せざるおえない。

    20151202-3jyuudenntyu

    またバッテリーは使用していない間、常に自然放電を起こしている。そのため、あまりに長い期間充電を怠るとバッテリー内の電力が復活不可能なレベルまで落ち込んでしまうのだ。解決策としては2~3ヶ月に一回は使用するか、バッテリーの再充電を行えばよい。(バッテリータイプによる充電の考え方についてはこちらの記事を参照して欲しい。)

    “コード式”電動ドライバー

    一般家庭のコンセントで使うAC100Vの電源コードが使われている。

    20151202-3ko-do

  • メリット
  • 電力が安定しているので、必然的にネジ締めパワーも安定する。充電する必要がないので定格時間を守れば作業時間を気にする必要はなく、使いたい時にすぐ使える。充電式よりも低価格なものが多い。

    20151202-3ko-do1

  • デメリット
  • 電力がない場所では使用不可。屋外でもコードが届く範囲内での作業となるため、作業場所の制限がある。

    20151202-3ko-do2

    メインで作業する場所を優先に考える

    作業する場所に必ずコンセントがある状況ならば低価格の”コード式”でも十分だが、そうではない屋外などでの使用することを考えると”充電式”となる。”充電式”の方が価格は高いが、どこでも使用できるのでDIYerにとってはよいのかもしれない。

    この記事を書いた人

    DIY FACTORY COLUMN編集部

    DIY FACTORY COLUMN編集部

    初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
    経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

    DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

    「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
    「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

    そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

    基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
    DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

    人気記事ランキング

    植物好きが集まるアプリ GreenSnap