2017年05月19日更新

水を気にせず使いたい!塗装面に耐水性を持たせる方法まとめ

テーブルや食器棚などを塗装する際「好みの色にしたいけど水拭きができないと困る……」ということもあると思います。あとで塗装が剥げたら困りますよね。そこで耐水性のある塗装をする方法をご紹介します。

バンデラス
バンデラス

 

耐水性を持たせる方法は大きく2つ

塗装をほどこした部分を水に強くする方法は、大きく分けて2つあります。

  • もともと乾燥したら耐水性の高い塗料を使う
  • 塗装後にウレタンニスなど耐水性のあるコーティング剤で仕上げをする

ざっくり言うとこれだけです。ではそれぞれどんな塗料を使えばいいのか?おすすめの商品を見ていきましょう。

 

おすすめの耐水性塗料

まずは耐水性のある塗料の中から、カラーバリエーションが多く塗りやすさもあるDIYで使いやすい塗料を紹介します。

Old Village Paintバターミルクペイント

塗りやすく色の種類も多いペイント剤です。水で薄めることもできる水性ですが、乾燥後は耐水性となります。

購入はこちら
Old Village Paintバターミルクペイント

ターナー色彩 ミルクペイント forガーデン

森永乳業のミルク原料を使った塗料です。こちらも乾くと耐水性となります。同じシリーズで屋内使用向けの商品もありますが、この「forガーデン」は屋外向けでより耐候性が高くなっており、水に濡れる可能性があるならこちらがおすすめです。

購入はこちら
ターナー色彩 ミルクペイント forガーデン

 

おすすめのコーティング剤

コーティング剤にも様々な種類がありますが、耐久力や塗りやすさという面からDIY向きなのがウレタンニスです。おすすめの商品を紹介しましょう。

和信ペイント 水性 ウレタンニス

水性で塗りやすく匂いも少ないので屋内でも使用しやすいウレタンニスです。この商品をはじめ、最近は水性でも高機能なものがたくさん登場しています。

購入はこちら
和信ペイント 水性 ウレタンニス

ニッペホーム WL水性ウレタンニス クリヤー

こちらも水性のウレタンニスです。クリアーなので下に塗った塗料の色を生かせるのが嬉しいですね。

購入はこちら
ニッペホーム WL水性ウレタンニス クリヤー

 

ブライワックスやワトコオイルは?

ちなみにDIYによく使われるブライワックスとワトコオイルですが、耐水性としてはあまり強くありません。程度としては、どちらも濡れたティッシュで強くこするとティッシュに色が移るくらいです。

 

一番耐水性が強いのは?

塗装面の耐水性を最も高くしたいなら、おすすめなのはウレタンニスでコーティングすることです。プラスチックの層が乗っているようなものなので、傷などにも強くなります。しかしその分、あとで色の塗り直しなどはしづらくなります。

関連リンク
木材用塗料の性質をわかりやす~く解説!

 

水を気にせず作品を使おう!

せっかく作った作品が水に濡れて台無しになったら悲しいですよね。水回りなどで使う予定があるなら耐水性を持った塗装をしましょう!

この記事を書いた人

バンデラス

バンデラス

コラムライターのバンデラスです。
世界観のあるDIYが好きで自分が作るときもストーリーから考えます。
DIYネタを求めてカフェを巡っていたりもします。

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング