2016年01月21日更新

【おしゃれスツール】椅子をDIY!簡単な作り方

東海地区の大手賃貸住宅仲介会社の株式会社ニッショー.jpは"自分らしく楽しく暮らしたい"、"自分で部屋をDIYしたい"というお客様の想いに応えるため「ニッショー.jp賃貸DIY部」を発足した。 そこで、賃貸DIY部とMakit! by DIY FACTORYは共同で"初心者にもつくりやすい"、"賃貸でもできるDIY"をテーマにDIYレシピの開発を行った。今回はその内の「スツール(椅子)」のレシピを紹介したい。

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

所要時間 2時間15分 (実作業時間)/ 材料費 1500円程度

材料・備品

天板用1×4木材(18mm×89mm×1820mm)…1本
脚角木材(35mm×35mm×910mm)…4本
ビス(32mm) …6本
ビス(51mm) …12本

工具・道具

のこぎり
ソーガイド
インパクトドライバー
皿ネジ錐ビットorドリルビット
ワトコオイル(エボニー)
ブライワックス(チーク)
ミルクペイント(ハニーマスタード)
刷毛
缶バケツ
さしがね
メジャー
木工用ボンド
サンドペーパー(#240)

脚となる角材をカットする

メジャーを使って脚角材を500mmの長さに測る。

20160114-02a

脚角材を4本揃えてから、さしがねを使い一度に線を引いて墨付けする。

20160114-03a

脚角材の墨付けしたところをのこぎりでカットする。(まっすぐカットするためにソーガイド使用)

20160114-04a

カットした4本の切断面にサンドペーパーでバリをとってきれいにする。

20160114-05a

脚の貫となる部分をカットする

脚を作った角材の余った部分で、メジャーで200mmの長さに測り印をつけて、さしがねで4本まとめて線を引いて、のこぎりでカットする。これを6本つくる。

20160114-06a

脚に貫を取り付けるための下穴をあける

脚(500mm)の端から100mmと135mmのところに印をつけて、さしがねで4本まとめて線を引く。

20160114-07a

線を引いた真ん中あたりにビスを打つための印を付ける。(対角に線を引いて×印にすると真ん中がわかりやすい)

20160114-08a

皿錐ビットまたはドリルビットを取り付けた電動ドライバーで、印を打ったところに下穴をあける。

20160114-09a

下穴をあけた方を手前に4本を縦に並べてから、左側2本を右に、右側2本を左に倒して並べる。貫(200mm)の角材を使って脚の上部となる上に合わせて横に4本まとめて線を引く。

20160114-10a

下穴あける位置に印をつけて、電動ドライバーで下穴をあける。

20160114-11a

脚にはこのように下穴があくようにする。

20160114-12a

貫4本にも下穴をあける

貫(200mm)端から82.5mmのところに線を引く。

20160114-13a

余っている貫(200mm)を線上に合わせて、下穴開ける貫(20mm)4本まとめて両側に線を引く。

20160114-14a

真ん中に印をつけて下穴をあける。

20160114-15a

脚に貫を取り付ける

下穴をあけた貫(200mm)を脚の上部にいれてコの字を2つ作る。

20160114-16a

接着剤で固定してからビス(51mm)どめするとやりやすい。

20160114-17a

2つのコの字をつなげるように脚(500mm)の下部にも下穴あけた貫(200mm)を使ってビス(51mm)でとめる。さらに脚と脚の間に貫(200mm)を入れてビス(51mm)でとめ、H型になるようにする。

20160114-18a

脚(500mm)の上部の真ん中に貫(200mm)を入れて”片方”だけビス(51mm)でとめる。

20160114-19a

平な場所に置いてぐらつきがあるか確認する。もしぐらつきがあれば真ん中の貫を左右どちらかにずらして調整する。ぐらつきがないところに印をつけてビス(51mm)でとめる。

20160114-20a

天板をつくる

1×4材の270mmのところに印をつけ、さしがねで線を引きノコギリでカットする。切断部分はサンドペーパーできれいにする。これを3つ作る。

20160114-21a

天板(270mm)に好みの塗料を使い塗装する。

20160114-22a

乾いたら脚の上に天板(270mm)を並べて、ビスをとめるところに6箇所印をつける。

20160114-23a

皿錐ビットもしくはドリルビットを取り付けた電動ドライバーで、印をつけた部分に下穴をあける。

20160114-24a

ドライバービットに付け替えた電動ドライバーでビス(32mm)どめする。

20160114-25a

基本木工DIYの練習に

メジャーで測る、さしがねで墨付けする、のこぎりで切る、電動ドライバーで下穴あけてビスでとめる、塗装をするなどの基本のDIYが一通りできて、簡単におしゃれなスツールが作れる。脚の長さや天板のサイズ、塗装も自分好みに変えてみて、オリジナルのスツールを作ってみよう!

20160114-26a

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap