2016年06月28日更新

材料費3千円!OSB天板と錆び風塩ビ脚のサイドテーブルの作り方

アイアンを使ったコの字型やなど木のぬくもりが感じるシンプルなサイドテーブルもいいけど、今回はOSB(オリエンテッド・ストランド・ボード)の天板と錆び塗装した脚を使ってジャンクスタイルのサイドテーブルを作ってみました。材料費が3,000円以下と安価なレシピを紹介します。

DIY時間240分
材料費2,300円程度
完成サイズ:高さ650×幅400×奥行300mm

材料・備品

OSBカナダ産・・・300×400mm
塩ビパイプ(16径)1m×4本(250mm×4、290mm×2、200mm×4)
チーズ(16径)×4つ
エルボ(16径)×8つ
サドルバンド(16径用)×4つ
なべタッピングビス(4×12mm)×8本

工具・道具

スケール
さしがね
のこぎり
サンドペーパー(中目、粗目) 電動サンダー(なければサンドペーパーで対応)
パイプカッター(もしくは塩ビ用のこぎり) プライマー
タカラ塗料 錆エイジングセット 100g×2色セット
水性ウレタンニス
塗料カップ
刷毛
布またはウエス

201606-03a-1

OSBと塩ビパイプで作るサイドテーブルの作り方

1スケールとさしがねでテーブル天板のサイズをはかり線を引きます。木材をクランプでしっかり固定したらのこぎりでカットします。

201606-03a-2 201606-03a-3 201606-03a-4

2カットしたOSBの全体をサンドペーパーでやすりがけします。OSBを滑らかにするにはとても時間がかかるので電動サンダーを使うことをお勧めします。OSBのやすりがけは木屑がすごく飛びますので、必ずゴーグルとマスクを着用してくださいね。※今回は電動サンダーを使用しました。

201606-03a-5 201606-03a-6

右側がやすりがけする前で、左が電動サンダーでやすりがけしました。

201606-03a-7

3OSBにウレタンニス(透明)を塗ります。ニスを塗る前に木屑やゴミなどをきれいに拭き取ってから、木口と表面に刷毛を使ってニスを塗ります。約90分乾燥してから繰り返し塗装し、2~3度塗りして裏面も同じように塗装します。時間がないときはドライヤーで乾かして時短が可能です。その際の目安は触ってもペタペタせずサラっとした感触なら重ね塗りできます。

201606-03a-8 201606-03a-9 201606-03a-11 201606-03a-10

4次にサイドテーブルの脚を作ります。塩ビパイプに250mm×4、200mm×2、290mm×4をさしがねで寸法をはかり印をつけていきます。バイスで塩ビパイプを固定します。今回は作業台(ワークベンチ)に塩ビパイプを挟んでクランプで固定しました。

201606-03a-12 201606-03a-13

5印をつけたところをパイプカッターでカットします。
パイプカッターの使い方|塩ビパイプや銅管を簡単に切断する道具

201606-03a-14 201606-03a-15 201606-03a-19

6塩ビパイプを組み立てます。パイプカッターでカットした切り口は少し盛り上がり、チーズやエルボに入りにくいので、やすりで削って入りやすいようにします。

201606-03a-16 201606-03a-17

下記のように長方形を2つ作ります。

201606-03a-18

7塩ビパイプの脚を塗装します。塩ビパイプ全体にサンドペーパーで細かい傷をつけ、きれいに拭き取ります。プライマー(ミッチャクロン)をスプレーして乾かします。

201606-03a-20 201606-03a-21 201606-03a-22

8塩ビパイプの片面を錆びエイジングセットのBrown Rus(茶色)を刷毛で塗っていき乾燥させたら、ひっくり返してもう片面を塗装します。エイジング塗料を上塗りするので塗りムラがあっても問題ありません。

201606-03a-23 201606-03a-24 201606-03a-25 201606-03a-26

9Yellow Rust(黄土色)で錆びを表現していきます。小さな布やスポンジにYellow Rust(黄土色)を付け、少しだけ水で薄めてポンポンと叩いたり軽くこすったりしながら付着させていきます。濃い錆びを表現するなら水で薄めずそのまま使い、濃すぎたと思ったら完全に乾燥する前に水で少し薄めるなど調整はできるので、本物の錆びをイメージしながらムラを意識してたたいて下さいね。

201606-03a-27 201606-03a-28 201606-03a-29 201606-03a-30

10少し乾燥させたら最初に塗装したBrown Rus(茶色)を小さな布やスポンジでポンポンとたたいて上塗りしていきます。Yellow Rust(黄土色)を塗りすぎたところや陰影をつけたいところを重点的に重ね塗りすると錆びの雰囲気が出てきます。

201606-03a-31 201606-03a-32

11脚を組み立て天板に取りつけます。塗料が完全に乾いたら塩ビパイプを組み立てます。塩ビパイプがエルボやチーズにしっかり入るように、全方向から少し体重をかけながら押し込んでください。

201606-03a-33 201606-03a-34 201606-03a-37

12塩ビパイプの脚を天板にのせ、サドルバンドをビスで固定させます。

201606-03a-38 201606-03a-39 201606-03a-40

13完成です!もしグラつきがある場合は塩ビパイプをしっかり押し込んで調整してくださいね。

201606-03a-49 201606-03a-50 201606-03a-45 201606-03a-47

レシピで使用した商品の紹介

201606-01a-21

SK11 パイプカッター (PC-22)

511(税込)

銅管・ 真鍮管・ アルミ管・ 塩ビ管は3mmまで切断、肉ステンレス鋼管・ 鋼管は1.2mmまで切断できます。

201606-03a-44

染めQ テロソン ミッチャクロンマルチ エアゾールスプレー 420ml

1,307(税込)

密着の悪い溶融亜鉛メッキ、生アルミ、ステンレス、クロームメッキ等の金属、ガラス、タイル、プラスチック(自動車バンパー、アクリル看板)などの樹脂面にミッチャクロンをすプレーすると塗料が塗れるようになります。

201606-02a-22

タカラ塗料 錆エイジングセット 100g×2色セット

2,880(税込)

金属っぽさが入った錆びの色に調色されているため、2色の塗料が塗るだけで本物のような錆びが表現できます。

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング