2017年03月23日更新

春はすぐそこ。プランターラックをDIYしてグリーンを飾ろう。

最近多肉植物などのグリーンを、リメイクしたオリジナルの缶に入れて可愛く飾る人が増えています。せっかくならラックもDIYしてみませんか?今回はお庭に飾れるプランターラックの作り方をご紹介します。

必要な材料

木材

  • 杉板 100mm×250mm 4枚(側板)
  • 杉板 100mm×410mm 2枚(飾り板)
  • 杉板 100mm×450mm 6枚(棚板・背板)
  • 杉角材 38mm×600mm 2本(支柱)※1×2材でもOK

道具

  • クランプ
  • ソーガイド(のこぎり)
  • 差し金
  • えんぴつ
  • ドリルドライバー
  • ドリルビッド
  • 下穴錐
  • 25mmスリムビス
  • 木工用ボンド
  • 水平器

組み立てイメージ図

作り方

1墨付け&カット

まずは、長さ250mm(側板)と長さ450mm(棚板・背板)を墨付けします。250mmの板4枚のうち2枚は右図のように15mmと10mmの箇所に斜めの線を入れます。

この斜めの線は上段の棚板になる部分です。

墨線にそって切断します。「ソーガイド・エフ 鋸セット 」を使えば斜めカットも簡単にできちゃいます。

2下穴をあける

墨付けした点に下穴をあけていきます。今回は柔らかい杉材を使うので、木割れを防ぐための大事な作業です!

下穴をあけていないと、こんな風にササクレが立ってしまうことも。もし木が割れたりしたときは以下の方法を覚えておけば、いざという時にさっと対処できますよ♪

関連リンク
木にササクレが出たときの対処法

3コの字型の棚板を組み立てる

点線で囲われたコの字の棚板部分を組み立てます。接着面には木工用ボンドを塗っておきましょう。

450mmの板(水色)に250mmの板(ピンク)をビスで取り付けます。450mmの板の間に10mmほどのすき間をあけましょう。

4背板を組み立てる

支柱になる長さ600mmの木材(紺色)に450mmの背板(水色)を取り付けます。1枚目と2枚目の間は10mmの隙間をあけ、下穴にそってビスをとめていきましょう。

5棚板を取り付ける

コの字の棚板を取り付けていきます。下段は支柱の下に合わせてビスで取り付けます。

上段は好みの位置をだいたい決めてから、水平器でまっすぐになっているか確認しながらビスでとめていきましょう。

6飾り板のカットと取り付け

点線で囲った斜めになっている飾り板を取り付けます。

410mmの板を斜めに当て、ちょうどいい場所に墨線を引きます。印に沿ってカットしてビスで留めます。

7完成!

塗装すれば幅広くアレンジできる!

好みの色やテイストに塗装すると、ぱっと印象が変わりますね!ガーデンプランターとしてだけでなく、室内の飾り棚にも使えますので、ぜひDIYしてみてくださいね♪

DIYショップ「DIY FACTORY」で一緒にガーデンプランターをつくりませんか?
DIY FACTORYのガーデンプランターレッスン予約はこちら!

※レッスンは月替わりのため、開催されていない月もあります。ご了承ください。

グリーンの飾り方の参考にどうぞ!
DIYで叶える、グリーンを彩る暮らし

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング