2017年01月23日更新

DIYの必須アイテム! 電動ドライバー、サンダー、ジグソーの基本

DIYに必須の電動ドライバー、サンダー、ジグソーの三大電動工具。電動ドライバーは大きく分けて2種類あり、サンダーやジグソーも用途に応じてさらに種類が分けられています。種類ごとに使い方や用途が違う電動工具は、調べてみてもイマイチよく分からないと感じたことはありませんか?

電動工具は疑問がいっぱい!?

家具や収納、これからDIYを始めて作ってみたいものがある!そうは思っても作り方を調べてみたら、それには電動工具がいる…。作りたいものがあっても電動工具が必要となると、“使い方が分からないし難しそう“”どのメーカーを選べば良いのかわからない“とハードルが高いものに感じてしまいます。

lesson1018-img003

しかも、電動工具は使い方を調べてみても専門用語が多くて、初心者には使い方が分かりづらかったりしますよね。なので今回は、三大電動工具“電動ドライバー”“サンダー”“ジグソー”の種類とそれぞれの特徴についてまとめてみました!

b01-img002

ドリルドライバー、インパクトドライバーは何が違う?

電動ドライバーは大きく分けて、ドリルドライバーとインパクトドライバーの2種類があります。使う材料によって適したものを使わないと木割れをしたり、ビスが空回りしてしまいます。
それぞれの違いについて:購入前に知っておきたい!「電動ドライバー」の種類や特徴

4 3

ドリルドライバー

ドリルドライバーはトルク調整が可能で初心者にも扱いやすくあります。ドリルビットは様々な太さのものが取り付けられるため、汎用性の高さは魅力的。インパクトドライバーと比べるとパワーは弱いのですが、その分柔らかい木材や薄い木材には木割れをすることなくビスを打ち込むことができます。
ドリルドライバーの使い方:穴あけ・ネジ締めのプロ!ドリルドライバーの使い方・基礎知識

1 drilldriver018

インパクトドライバー

インパクトドライバーは何といってもパワーの強さが魅力。しかし、マンションで使うには騒音が気になってしまうというデメリットがあります。使えるビットは決まった太さと形状のものしか使えませんが、ワンタッチで装着が可能なので付け替えが簡単です。
インパクトドライバーの使い方:ガンガンネジ締めできる!インパクトドライバーの使い方・基礎知識
インパクトドライバーのレビュー:【主要6メーカー比較】初心者にオススメのDIY向けインパクトドライバーの特徴まとめ

2 impactdriver08

研磨作業がスピーディーになるサンダーって?

サンダーは大きく分けてオータビルサンダー、デルタサンダー、ランダムサンダーの3種類があります。今回はDIYで汎用性の高いオータビルサンダーとデルタサンダーの2種類をご紹介します。
サンダーの使い方:研磨の必需品!サンダーの使い方・基礎知識

sander017 (1)

オータビルサンダー

四角いパッドが楕円状に動きながら研磨してくれるので、テーブル天板のような広い面の研磨が圧倒的に早く作業ができます。市販のサンドペーパーが使える機種と専用のサンドペーパーが必要になる機種のどちらもあります。

sander013 sander005 sander007

デルタサンダー

デルタサンダーはアイロン型になっており、組み立て済みのものや木枠の角など狭い箇所の研磨に適しています。オータビルサンダーと比べると、片手でも持ちやすいようボディが小さく軽量です。形状が特殊なためサンドペーパーには専用のものを購入してください。

sander006 2016-08-02_164032

曲線カットの強い味方ジグソー!

のこぎりでは直線は切れても曲線は難しい。曲線カット用ののこぎりもありますが、手動で切るのはかなり時間がかかるし体力的にも大変です。ジグソーは曲線カットに秀でた電動工具で、先端の刃を上下に動かすことで木材をカットしていきます。
ジグソーの使い方:曲線・切り抜き加工の味方!ジグソーの使い方・基礎知識
ジグソーのレビュー:【主要4メーカー比較】初心者にオススメのDIY向けジグソーのアイテムレビュー

2016-07-28_121051

ブレードの種類

木工用以外にも金工用、樹脂用があります。合板用、厚板用などの特殊タイプもありブレードの種類を変えることで様々なものをカットできます。刃の幅が狭いほど小回りが利き曲線切りが行いやすくなるので、切りたい形によって幅を変えると良いですよ。

jigsaw002

何となくは分かったけどまだ疑問がある…。そんな時はSTUDIY(スタディ)で解決!

DIYに必要な知識は多く、疑問に思ったことをどう調べたら良いのか、調べてみたけどよく分からなかったなんて事もありますよね。「STUDIY(スタディ)」では実際に電動工具を使ってより詳しい知識について学べます!

b01-img001

STUDIYとは?

お料理教室やフィットネスクラブに通うように、習い事としてDIYを楽しめる場所。レッスンはテキストをもとに進めていきますので、仕事帰りや休日に手ぶらで立ち寄ってレッスンを受けることができます。※服装は汚れても良いものにしてください。

電動工具の基本レッスンが今なら3,000⇒1,000円!

【レッスン内容】
・安全に使用するために
・電動ドリルとインパクトドライバの違いについて
・電動ドリルの使い方
・サンダーの種類と使い方
・サンドペーパーについて
・ジグソーの種類と使い方
・ジグソーの使い方
※基本レッスン4種から1つ体験したいレッスンをお選びください。2回目以降の基本レッスンは通常価格となります。

IMGP4981

おすすめ記事

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

1. 木材塗装の基本
大人気のミルクペイントやブライワックスを使って、塗料の種類や塗装に必要なアイテム、塗り方や後処理の方法まで必要な知識が学べます。

2. 電動工具の基本
makita、BOSCH、日立の電動工具を使ってドリルドライバー、インパクトドライバー、サンダー、ジグソーの正しく安全な扱い方を学べます。

3. 木材加工の基本
材料選びに大切な木材全般の知識に、印付けから組み立て方までのDIYに必須な情報を幅広く学べます。

4. 溶接の基本
アイアンを用いた家具や雑貨ができる溶接もDIYできます。溶接とは何?の説明から安全に使うための必要装備、溶接の仕方やコツが学べます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中! DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング