2016年05月09日更新

端材を使った鍋敷きの作り方! 15分で作れるシンプルアイデア

キッチンツールの鍋敷きはサイズも小さくてDIYしやすい小物です。また、端材を使って”ぱぱっ”て出来ちゃうのも魅力です。家に余っている板材があれば空いた時間に作ってみませんか?

DIY FACTORY COLUMN編集部
DIY FACTORY COLUMN編集部

所要時間 30分
完成サイズ:15cm×15cm

材料・備品

適当な端材
好みの塗料(今回はワトコオイルのマホガニー、ナチュラル)
木工ボンド(今回はコニシ ウルトラ多用途SU)

工具・道具

のこぎり
サンドペーパー(400番)
さしがね
ハタガネ
塗料缶 刷毛

20160509-02a-1

端材を使った鍋敷きの作り方

15cmが1本、5cmが2本を板材に墨付けしてから、のこぎりでカットし全体をサンドペーパーできれいにします。 (15cm木材の幅が5cmなので、合わせて15cmになるように5cmでカットしました。)

20160509-02a-2s 20160509-02a-3s 20160509-02a-4s

好みの塗料を板材に塗装し、十分に乾かします。(乾燥時間は使用塗料の説明に従ってくださいね)

20160509-02a-5s 20160509-02a-6s 20160509-02a-7s

接合部分にボンドを均等につけて接着します。ボンドが硬化するまでハタガネで固定します。
ハタガネ(端金)の使い方

20160509-02a-8s 20160509-02a-9s 20160509-02a-10s

出来上がり

ボンドを完全硬化したら完成です。

20160509-02a-0 20160509-02a-11

この記事を書いた人

DIY FACTORY COLUMN編集部

DIY FACTORY COLUMN編集部

初めてDIYに挑戦する人にとってわかりやすく
経験者もあっと驚くようなDIYの情報を発信していきます!

DIY FACTORYの"1000円体験レッスン"実施中!

「DIYやってみたいけど、私にもできるのかな?」
「工具の使い方も分からないし何を揃えればいいのか分からない。」

そんな方はぜひ、DIY FACTORYの体験レッスンに参加してみてください。初心者に優しいアットホームなDIYレッスンを毎日開催中!DIYの基本を学べる4種類のレッスンから1つを選択して、今だけ体験価格(1000円~)で参加していただけます。

基本を体験してみて「DIYって楽しいし、私にもできそう!」と感じれば、あとはDIYレッスンで学んで実践するのみ。自分らしさに囲まれたDIYライフスタイルが待っています!

DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!
DIY FACTORYの体験レッスン予約受付中!

人気記事ランキング

植物好きが集まるアプリ GreenSnap